ブログ
11/26
パブリック
学校行事
11/21に防災講演会が行われました。 講師は、愛媛大学防災情報研究センター副センター長 二神 透先生です。 愛媛大学学生の上岡さんも来てくれました。よろしくお願いします。 まず、最初は防災クイズです。 みんな防災の勉強をしっかりしたためか、最後まで正解し続けた人が全校児童の半分以上いました。 正解者の中から、3人の人が賞品の防災バックをもらえました。 講演では、南海トラフ巨大地震が起きたとき、どんなことが起こるかを地図やグラフなどの資料や動画で分かりやすくお話してくれました。 震度7の揺れが起こったときには、古い家は倒壊する恐れがあります。また、固定していない家具も倒れます。命を守るために、家の耐震化や家具の固定が必要となります。 しっかりと備えをしたいですね。 橘っ子たちもしっかりとお話を聞き、質問にも積極的に答えていました。 二神先生、上岡さん、どうもありがとうございました。
愛媛県での新型コロナウイルス感染拡大に伴い、11月20日から本県が「感染縮小期」から「感染警戒期」へ移行しました。 学校での対策は更にしっかりと行っていきます。 また、学校外での「うつらないよう自己防衛!」「うつさないよう周りに配慮」「習慣化しよう3密回避!」の徹底のために、ご家庭でも、以下のような感染症対策にご協力をお願いします。(保護者の皆様には、本日プリントも配布しています。)